株式会社エイリイ・エンジニアリング

採用情報

先輩の声

営業部

エイリイに転職して手に入れたのは、
国防を支えるやりがいと家庭の時間でした。

粕谷Kasuya

2020年入社
営業部

転職して一気に深まった、家族との絆

エイリイ・エンジニアリングに入社する前は、お酒を取り扱う商社で6年ほど営業をしていました。問題は通勤に片道1時間半かかっていたこと。家には幼い子どもが二人いたのですが、あまり構ってあげられないのが悩みでした。そんなときに出会ったのが、地元・飯能のエイリイです。自転車で20分という近さと、防衛関連事業で歴史があり安定していることに惹かれて入社しました。
転職してまず良かったと思うのは、残業が少なく有休も取りやすくなったこと。プライベートの時間が増え、家族と一緒にゆっくり過ごせるようになりました。「夏休みには、早朝に子どもとラジオ体操に行ってから出社する」といったゆとりある働き方も、今の環境なら可能です。子育てを頑張るようになったおかげか、転職後に生まれた一歳の末っ子は兄弟と比べるとずっと私になついてくれていて、妻も驚いています(笑)。

転職して一気に深まった、家族との絆

異業種出身者を、丁寧に育ててくれる風土

私は営業として、主に自衛隊が使用する電子機器の修理・メンテナンスを提案しています。お客様は大手防衛関連企業。同じ営業職とはいえ、前職とは全く異なる業種ですので最初はわからないことだらけでした。でも、私の上司はこう言ってくださったのです。「当社の製品は特殊だから、最初から詳しい人はほとんどいない。だから心配しないでください。異業種出身の方には、ゆっくり仕事を教えていくつもりですよ」。
実際、入社して1年半たった今も難しい商談には上司がついてきてくれますし、わからない専門用語について質問すればいつも快く答えてくれます。「転職者は即戦力としていきなり現場に放り込まれるのかな……」と覚悟していた私にとって、この手厚いフォローは本当に驚きでした。さらに年に2回の面談では、上司と現状の課題や今後のキャリアについて話し合う機会があります。おかげで長期的な目標を見据えながら、安心して働けます。

異業種出身者を、丁寧に育ててくれる風土

お客様の信頼を守ること=国を守ること

当社の主な取引先は、長年お付き合いがある防衛省や防衛関連製品を取り扱う大手企業。基本的に飛び込み営業やテレアポなどはありません。日々の売上を追求するよりも大事なのは、間違いなく仕事を進め、お客様との信頼を守ること。こういう地道な働き方は、私の性格に合っているんじゃないかな、と思います。
最近はかなり知識も身に付いてきて、自衛隊の装備品を守る仕事の意義も実感できるようになってきました。たとえ小さな電子機器でも、正常に動かなければ航空機が安全に航行できなくなるかもしれない。一つひとつの仕事をしっかりやり遂げながら、この国を守ることに貢献できればいいな、と考えています。実際に自分が携わった航空機が空を飛んでいるのを見るとテンションが上がります。子どもにも「パパの会社であの飛行機の部品を整備しているんだよ!」なんて自慢しちゃってます。

お客様の信頼を守ること=国を守ること

コツコツ地道に取り組むことで成長できる会社

当社は私のような異業種出身の中途入社者でも手厚いサポートを受けることができ、安心して働ける環境です。働きやすさゆえか、新卒入社で長く勤めている人の割合が多い会社ですが、中途入社だからといって疎外感を感じるようなことも全くありません。誰でもすぐになじめる、優しい雰囲気だと思います。焦って成果を出そうとすることなく、コツコツと地道に仕事に取り組める人なら、営業としてもきっと活躍できるのではないでしょうか。そういう方と共に働き、共に成長できれば嬉しく思います。

技術部 主任

「家族ファースト」を貫きつつ、
設計者としての道を究めていきたい。

千葉Chiba

2007年入社
技術部 主任

パズルゲーム感覚で知識と発想力を駆使し、設計を楽しむ

私は自衛隊や民間企業向けに、様々な製品の設計を行っています。設計には仕様や予算といった様々な条件が付き物で、その条件は製品によって大きく異なります。
設計において“条件をクリアしていること”は当然ですが、“作り手が作りやすいこと”“使い手が使いやすいこと”もかなり大事。これらを両立させることが意外と難しく、行き詰まることもありますが、私にとって設計はパズルゲームのようなもの。持てる知識と発想力を駆使して、パズル(条件)をクリアできたときの達成感は、何度味わっても最高ですね(笑)。
エイリイには多種多様な製品の設計依頼が飛び込んでくるので、毎日が新たなパズルへの挑戦です。

パズルゲーム感覚で知識と発想力を駆使し、設計を楽しむ

メディアでも注目された「機動衛生ユニット2型」の設計に参加

これまでの仕事で特に印象に残っているのは、「機動衛生ユニット2型」の設計です。機動衛生ユニットは、輸送機に載せて運用する特性上、航空機の安全に関するあらゆる規格に対応させる必要がありました。構造強度、気圧変化に伴う内部圧力推移、換気量と酸素濃度の関係などなど、複雑な計算に頭を悩ませる日々。それでも悪戦苦闘しながら少しずつ前へ進み続け、1年半の時を経て機動衛生ユニット2型は無事に完成しました。
完成した機動衛生ユニット2型は、すでに運用されていた1型とともに、機動衛生隊の主要装備品としてメディアに取り上げられました。
常に最前線で命をつなぐ活動を続ける機動衛生隊。そんな彼らの活躍が報じられると、決して私たちの名前が表舞台に出るわけではないのですが、少し誇らしい気持ちになります。
“自分たちの作ったものが、いつもどこかで誰かの役に立っている”その事実があるだけで、この仕事をやって良かったなと実感しています。

メディアでも注目された「機動衛生ユニット2型」の設計に参加

「家族ファースト」の生き方ができる会社

私がエイリイで長く働いている理由の一つが、社員はもちろん、その家族のことまで大切にしてくれる社風です。それを実感したのが、私の家族が病気になり、緊急入院したときのこと。当時の私は出張の多い仕事をしていたのですが、家族のケアを優先したいと上司に相談したところ、出張は別の人に代わってもらえることになりました。その後も家族のために急遽休みを取ることが増えましたが、上司や同僚の皆さんに理解いただけるおかげで、しっかり家族に寄り添うことができています。
私は個人的に、「家庭があってこその自分、家庭があってこその仕事」だと考えています。いくら給料が良くても、仕事が面白くても、家族を犠牲にするような生き方はしたくない。そういう「家族ファースト」の姿勢を私が貫けるのも、エイリイという会社だからこそだと思います。

エイリイの魅力はモノづくりを楽しめる環境

エイリイの魅力はモノづくりを楽しめる環境

事業内容はちょっと硬いですが、いい意味で「ゆるい」雰囲気なのがエイリイの魅力。普段はたわいもない冗談を言い合っていますし、特化した趣味を持っている人も多いです(サブカルにやけに明るい登山愛好家の上司、バイク一筋な先輩、ガンダム大好きな後輩などなど……)。私自身は、ドライブ、ニュルやルマンなどの耐久レース観戦、ミリタリー、ゲーム、アニメ、映画、DIYなどなど、特化しているわけではありませんが、そこそこ深く広くをモットーに、好きなことや、やってみたいことを楽しんでいます。今後は管理職として、若い人たちがこれまで以上に働きやすい環境づくりに取り組んでいけたらいいなと思っています。ぜひ、一緒にモノづくりを楽しみましょう!

総務部 係長

出産・育児とキャリアアップ。
どちらも妥協せず頑張れる職場です。

山中Yamanaka

2003年入社
総務部 係長

皆が働きやすい職場をつくる「縁の下の力持ち」

私は総務部の係長として人事労務の業務をしています。従業員に給与手配をおこなう人事給与業務も私の仕事の1つ。毎月の給与が正しく振り込まれるのは当たり前のようですが、それだけに万が一のミスも許されません。社会保険制度や雇用制度など、人事給与にかかわる法律・制度は毎年改訂されるので、つねに勉強し、知識をアップデートしていく必要があります。そうして重ねた自己研鑽が、エイリイの社員が安心・快適に働ける土台になっているのだと思うと、「縁の下の力持ち」としてのやりがいを感じます。
その他、電話・来客応対をはじめとする庶務的な仕事も総務の役目。決して目立つ仕事ではありませんが、人をサポートする喜びに満ちた仕事だと思います。

皆が働きやすい職場をつくる「縁の下の力持ち」

女性が働きやすい環境のおかげで、出産後も安心!

エイリイは女性が働きやすい会社です。出産・育児休暇の取得はもちろんのこと、時短勤務や1/4日単位の有給休暇取得システムなど、働く女性には嬉しい環境が整っています。1/4休暇は中小企業には珍しい制度ですが、約2時間単位で休暇取得が出来るこの制度のおかげで、効率的に会社と家事を両立する事が出来ます。うちの子が入院した時は本当に助かりました。そういった制度が評価されて埼玉県から「多様な働き方実践企業」として最上級のプラチナ認定を頂きました!!
制度だけではなく、社員の育児に対する理解が深いところも。産休中、私の夫は長期出張のため不在がちで、実家も遠いという状況でした。初めての出産を控え、不安を感じていた私を気遣ってくださったのが、当時の上司だった男性課長。「何かあったらいつでも駆けつけられるように」と、奥様をご紹介してくださったのです!他にも手作りの無農薬野菜や妊婦さんに良いからとお手製カスピ海ヨーグルトをいただき、職場を離れたところで手厚く支援いただけたことがとても嬉しかったです。なんとなく近くに両親がいて見守ってくれているようで、産休中も安心して過ごせました。

女性が働きやすい環境のおかげで、出産後も安心!

「職場復帰できる」だけではなく、キャリアプランも充実

日本には、「出産後に職場復帰はできるけれど、出産前と同じやりがいのある仕事を続けるのは難しい」という会社も多いと聞きます。実は私も、復帰したばかりの頃に負担の少ない事務仕事を任されるようになり、「私はもう会社から期待されてないのかな……?」と寂しい気持ちになったことがありました。でも上司に聞くとそうではなく、「今は無理なく子育てできるように仕事をセーブしているけれど、慣れてきたらもっとレベルの高い仕事を任せていきますよ。安心してください」とのこと。
現にその後は元の経理事務の仕事に戻り、新たに人事給与実務にも挑戦し、今では係長として部下のマネジメントも任されるようになりました。子育てをしながら、長期的なキャリアを構築できるのはエイリイの素晴らしいところ。これから育児と仕事の両立に挑戦する社員たちを、今度は私がしっかりサポートしていきたいな、と思います。

プライベートが充実してこそ、仕事も頑張れる!

プライベートが充実してこそ、仕事も頑張れる!

エイリイは女性が結婚、出産した後も継続して働ける会社です。働く女性をサポートするシステムが整い、それに加えて私が長く働けている理由は、社内の人間関係がとても良いから。
休日も食事に行ったり、河原でBBQをしたりと、家族ぐるみで楽しく過ごしています。
ちなみに私の夫もエイリイの社員(笑)。手前味噌ですが、いい人が多い会社ですよ。

生産部生産課第2グループ

日本の「航空」と「防衛」を守るため、
製造技術に磨きをかけています。

柴田Shibata

2019年入社
生産部生産課第2グループ

和やかな職場の雰囲気に惹かれて入社

大学時代は電子システム工学科に在籍しており、電子回路やプログラミングを学んでいました。もともと、静かに手を動かしてモノを作るのが好きだったため、卒業後には製造現場で働くことを希望していたのですが、そのなかで出会ったのがエイリイ・エンジニアリングでした。
当社を選んだ理由は、地元・埼玉で働けることと、職場見学をしたときに感じた環境の良さ。かつて私が目にした製造現場のなかには、正直、空気がピリピリして働きにくそうな会社もありました。そういう環境では仕事に集中できないし、長く働くのも難しくなってしまいます。それに引き換え、エイリイの現場はとにかく「穏やか」。人間関係がとても良さそうで、ここなら安心して長く働けそうだと思いました。

和やかな職場の雰囲気に惹かれて入社

防衛装備品の製造と、空港レーダーの設置に取り組む

現在の私の仕事は、自衛隊が使用する防衛装備品の製造・整備と、各地の空港で使用される航空管制レーダーの設置・調整です。工場での製造業務はもともと私がやりたかった仕事。静かな工場でモノづくりに集中しているときは幸せですし、技術が向上すると嬉しくなります。そして、速くきれいに製品が仕上がったときは「できた……!」という大きな達成感がじわじわ湧き上がってきます。
航空管制レーダーの設置もやりがいのある仕事です。この仕事では全国へ出張の機会があり、これまで鹿児島、函館、成田などさまざまな土地を訪れました。セッティングには膨大な専門知識が必要なので、今はまだ先輩社員と一緒に働きながら勉強しているところ。難しい仕事ですが、「航空機の安全に欠かせない装置を手掛けているのだ」という誇りを感じます。ちなみに、ひそかな楽しみの一つが旅先での食べ歩き。冬の北海道で食べた塩ラーメンは絶品でした!

防衛装備品の製造と、空港レーダーの設置に取り組む

時間をかけて、しっかり若手社員を育成してくれる風土

私が当社を選んだ決め手は職場の雰囲気の良さでしたが、入社してからもそのイメージにギャップはありません。若手社員のそばには常に先輩社員がいて、わからないことや質問があれば何でも遠慮なく聞くことができます。先輩方も忙しいと思うのですが、質問をするたびに手を止めてきちんと応じてくれて、「聞きにくい」と感じたことは一度もありません。
教育が手厚いという点で一番印象的だったのは、丸1か月の間ほとんど実務を免除され、はんだ付けの練習時間をいただけたこと。それまでははんだ付けが苦手で、しょっちゅう失敗しては不具合を起こしてしまっていたのですが、特訓のおかげでみるみる上達!社内テストにも合格し、携われる仕事も大幅に広がりました。エイリイで取り扱っている製品は、防衛装備品や航空管制レーダーなど、専門性の高いものばかり。これからもどんどんコアな技術、知識を深めていけるのが楽しみです。

教えてもらったことを確実に自分のものにする

教えてもらったことを確実に自分のものにする

エイリイ・エンジニアリングは防衛や航空に特化した専門性の高い製品を手掛けている会社なので、最初はわからないことばかりで戸惑うこともあるかもしれません。でも、最初は誰でもそういうもの。私自身、実際に作業を経験するなかで、徐々に知識や技術を習得していくことができました。先輩社員は皆さん本当に親切な方ばかりなので、安心してくださいね。教えてもらったことをしっかり守ってコツコツ実践できる人であれば、きっと一人前の技術者として成長できると思います。

工場統括部

マイペースに働きながら、
プライベートの時間も充実しています!

福田Fukuda

2021年入社
工場統括部

プライベートな時間を大切にできる環境に惹かれて入社

私が会社選びで重視していたポイントは、「仕事とプライベートを両立できる環境」です。通勤時間は短く、自分の時間を大切にできる会社を探していたときに出会ったのがエイリイでした。会社見学に参加した際に、女性社員の方が「自分のプライベートを尊重できる会社」と仰っていたのが一番の決め手です。また、自宅から会社までの通勤時間が30分以内という近さで「ここしかない!」と思いました。定時に退社すると5時半頃には家に着くので、プライベートな時間が充実しています。
私の趣味はゲームやアニメを見ること、ゲーム実況者のイベント等に参加したりすることです。仕事をしつつも、自分の趣味に時間を割くことが出来るのでこんな職場で働くことが出来てとても恵まれていると感じています。

プライベートな時間を大切にできる環境に惹かれて入社

安くて美味しい種類豊富なランチ!ボリューム満点で午後も頑張れる!

恵まれているといえば、社員食堂が安くて美味しいところも魅力の一つです。エイリイでは半額会社補助が付いて大体300円以下でバリエーション豊富な定食を食べることができます。ご飯の量も多くて安い値段で毎日お腹いっぱい食べられます。最近では、コンビニでおにぎりを一つ買うにも120円以上するので300円以下でしっかりとした定食を食べられるのはとても有難いことだと思います。社会人になると出来るだけ出費を抑えたいのでこの価格にはとても助かっています。

安くて美味しい種類豊富なランチ!ボリューム満点で午後も頑張れる!

苦手だった電話応対も、上司のフォローで克服

私の主な仕事内容は営業の方たちのサポート業務です。経費の精算や見積書のチェック、電話応対などを行っていますが、初めは電話応対に苦手意識を持っていました。相手の名前が分からないまま電話を終えてしまったり、伝言を聞き間違えたりと最初は失敗ばかりでした。ですが、私の上司がその都度、次からはこうしようとアドバイスを下さり、電話応対の本を貸して下さいました。そのおかげで今では相手の会社名や名前もしっかり聞き取れるようになり、臨機応変に対応できるようになりました。今まで苦手だった電話応対が自信を持ってできるようになったことに、今はやりがいを感じています。
休憩時間には上司とお互いの趣味の話をすることもよくあります。私の上司はとても優しく面白い方で、漫画やアニメといったお互いの共通の趣味もあり、「あの漫画、お勧めですよ!」といった話で盛り上がることも多々あります・・・(笑)。

会社に足を運んでもらえれば、必ず良さが伝わるはず

会社に足を運んでもらえれば、必ず良さが伝わるはず

就活生の方はたくさんの企業の求人票やホームページを見ていると思いますが、実際に会社に来てみないと社内の雰囲気や仕事内容はわからないと思います。私も正直、最初にエイリイの情報を見たときには「業務内容は難しそうだし、堅苦しい雰囲気の会社なのかな?」という印象を持っていました。しかし、実際は真逆で社員の方達は皆優しく、業務もしっかりと丁寧に教えてくれます。私の話を読んで少しでもエイリイのことが気になった方は、ぜひ会社見学や面接に来て社内の雰囲気を感じてみてください。きっと「自分もここで働きたい」と思ってもらえると思います。

お気軽にお問い合わせくださいませ

042-983-1701

お問い合わせはこちら

新卒採用(学生の皆様へ)
ご応募はこちらから

会社説明会はこちら

会社説明会はこちら

インターンシップはこちら

会社説明会はこちら